«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 58 | 59 | 60 | Next»

2017-12-10

サルナシジゃム リンゴ追熟終了  佐伊津町サトウキビ収穫終了

121.jpg
リンゴで常温追熟7日は熟れ過ぎかも。

 サルナシ550グラム
 レモン 大1個半分を絞り込む
 きび砂糖140グラム  

サルナシジャムをつくる。

きび砂糖30パーセントだと甘すぎ。
25パーセントに。

皮むきに60分、きび砂糖をまぶして40分ほど寝かせ
水が出てから、レモン少々いれて、ことこと30分煮る。

レモンは最後でいい。

今年も残り20日。何日漕げる?

2017-10-09

月と栗ご飯

080.jpg
とても役立っています。

子供たちとお月見です。
右下に巨大クレーターがはっきりと見えます。

081.jpg
サンマはまだですが、この秋2回目の栗ご飯。
今夜はイナダの塩焼きカボス絞りこんで、2切れは塩麴漬け焼きです。

 むきぐり 250グラム ¥350-  手が悪いので助かります。

3合 お代わりで 炊飯器に並ぶ家族レシピ

薄口しょうゆ 大さじ1
きびさとう 大さじ1
塩 小さじ1/3 1
酒 大さじ3 

2017-10-08

イナダ ごちそうさまでした。 捨てるところがほとんどない。

1008.jpg
尻尾と内臓以外は、塩焼き、カボスを絞り込んでいただきます。

秋晴れラストスノーケルで砂月浦へ。

漁師の砂月さんからイナダをいただいた。
砂月浦は秋の気配です。

 今夜は娘に、血を流さずに魚を処理するやり方を見せながら
さばいていく。
 エラと内臓を一緒に引き抜く。

 夕暮れのツインピークスを観ながらスプリングアイランドの浜で
ルパートが教えてくれた。
解剖学的な、生物学的なアプローチで魚をさばく。
WCE:
https://www.facebook.com/WestCoastExpeditions/

2017-04-09

タラノメ テンプラ

409.jpg

子供と山菜採りに山へ。
2時間走っても誰にも会わないトレランでしか入らない 山奥の森に先行者が。

見つけられてしまったタラノメ畑。

 子連れだったので、林道終了点や尾根筋、沢の分岐で折り返したが、
 踏み跡がほとんど残らない雨跡。地下足袋か小さめの長靴。
中背か小柄で相手の体重は軽い。

おそらく先行者は一人。このエリアに入ったあと
一度もルートを折り返したり、戻ることなく
一文字で9割のタラノメ畑をたどっている。
 たぶん剪定ばさみのような刃物で、
切り口が新しい。
 たぶん数〜24時間以内。

全て思い込みと勘違いかもしれない。

2017-03-14

タラノメ 代掻き ツバメ泥集める

314.jpg
出艇場所の草刈と剪定ついでに。4人分集めるのが難しい。

続きがあります
«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 58 | 59 | 60 | Next»