天草だより(おしらせBLOG) > カヤック・レビュー
«Prev1 2 3... 19 20 21Next»

再掲載 ウォーターフィールドカヤックス 知床と不知火2、アラシのスプレースカート/コックピットサイズについて


Category: カヤック・レビュー2008年12月09日 より再掲載

1120
赤/バケットシートが不知火2、黄色/ラージシートが知床です。

 知床   86×46センチ
 不知火2 85×48センチ
 アラシ  79×44センチ

 いずれも前後長、最大幅の外径です。*0.5ミリ程度の誤差あり。

アラシにはスナップドラゴンのS(幅46センチ、前後長さ76~81センチに対応)サイズ、
不知火2、知床はスナップドラゴンのM(幅46センチ、前後長さ81~86センチ似に対応)サイズで漕いでいます。

(好みの問題でしょ?といわれれば、それまで。参考までに。)

»Read More

2020年ニューモデル 4月リリース! 艇名「Seagull」シーガル  ウォーターフィールドカヤックス宮崎 


ウォーターフィールドカヤックス宮崎 
2020年ニューモデル 4月リリース!
艇名「Seagull」シーガル

null
全長397cm幅75cm重量23㎏
販売価格220000円税別

前後バルクヘッド、キールガード、ペットボトルホルダー、標準装備。
コックピット内にスペアパドル、ビルジポンプ、パドルフロートがセットできます。

二人乗りレクリエーションカヤック
カヤック体験、ファミリーカヤッキングに最適です!

ウォーターフィールドカヤックス2020ニューモデル Rir 『リル』ソフト


初めての日に 
ロックガーデンにゲストを案内するガイドがどのくらいいるのか知りませんが、
荷物を積んだ状態でもカヤックの動きが良い。
太平洋に比べると、穏やかな海況が多い天草西海岸にぴったり。

シーカヤックが入れるかギリギリサイズのタイドプール、
通路幅が狭い洞窟、海食洞での取り回しが楽。イージー。
それでいて横方向の安定感のバランスの良さ、
null

»Read More

画像その2 「RIR  リル YABAIYO / YABAY?」 2020 プロトタイプ ウォーターフィールドカヤックス 


null
波に乗れ!

いま、日本にこのサイズの波を楽しめるシーカヤッカーはいるのだろうか?
皆様の周りには何人いますか?


「RIR  リル YABAIYO / YABAY?」 2020 プロトタイプ ウォーターフィールドカヤックス 

»Read More

画像その1「RIR  リル YABAIYO / YABAY?」 2020 プロトタイプ ウォーターフィールドカヤックス 


3月15日。暴風の今夜 いかがお過ごしでしょうか?
画像その1です。
RIR 一か月の間に実験機が3艇目に突入。

 ウォーターフィールドカヤックスでは
プロトタイプのテストはクローズの時だけになってきました。
海が厳しいときは、はっきり性能がわかります。


null

»Read More

Rir 6℃ 北風強風 初雪 雲仙も阿蘇山も白い。


null

»Read More

Hustle_Kokatat




再掲載 ウォーターフィールドカヤックスの2019/2020ニューモデル ワイルドオーシャンシリーズ ゴリラ


 WFK 知床/ラダー仕様もよいですが、ゴリラもおすすめします。
再掲載します。

 ラグビーでいえば太もも太めのフォワード体型の方におすすめします。
そのような体格の良い方は試乗では、まず、サイブレスのフィット感を確認ください。
いままでにない、一体感を得れると思います。

ウォーターフィールドカヤックス ワイルドオーシャン ゴリラ

»Read More

ウォーターフィールドカヤックス プロトタイプ『リル1.0』


null
ウォーターフィールドカヤックスプロトタイプ『リル1.0』

 後付けでスターンデッキに装着できるセイフティーストラップキットを思案中。
パドルフロートをつかった再乗艇をもっと簡単に素早くできないものか?
シャフトを固定する溝で十分なのかもしれないが、
 30年前からある、二本のバックル付きストラップで固定する
ニンバス方式を進化させたい。
なかなかこれだというアイデアが浮かばない。

 単純にボトルを固定するデッキパッドは思い付きでした。
スターンにスペアパドルを固定するときも、
ラダー付きカヤックを地面にひっくり返しておく時も便利。

»Read More

2020年 ウォーターフィールドカヤックス リール1 プロトモデル画像


『RIR1.0』
surf
nimble
Active Touring
lightweight
performance

2020年 ウォーターフィールドカヤックス リール1
プロトモデルの画像
null

 自分用にサイブレスの膝当たりをカスタム予定です。
フォームを貼って膝のかかり具合を良くしたいと思います。
上方向に膝が逃げなくなりますが、カヤックからは出にくくなります。慣れが必要です。
ロックスターのように軽くニーポケット的に改造します。

 といても、フリースタイルカヤックのような
完璧なフィッティングにはしません。
文字だけだと勘違いする人がいるかもしれないので加筆。
 5メートル級のシーカヤックが受けたインパクトがダイレクトに腰へ負担するため、ガチガチのフィッティングは
できないといったほうがよい。
 腰回りをしっかりきめた30キロ級の重いポリ艇でサーフやるとわかります。



»Read More

«Prev1 2 3... 19 20 21Next»