天草だより(おしらせBLOG) > あまくさ 波情報 気象 海象データ 

3月を振り返って。


ナンセイフウ
 photo この冬一番の悪天候。通詞島でストーム・ウォッチング。

 予想通り、3月の天草は天候が変りやすく、
海はいつも波浪注意報がでていました。 
 中止も振り替え延期もありましたが、
参加者の強い要望により、
できるだけ季節風をかわして行うスクールが続きました。




 
 
 
 
 

»Read More

スタッフトレーニング続く。


ナノハナ 
昨日は午前中は行人岳、柱岳でシングル&ダブルトラックで
遊びました。4年ぶりのMTBは最高のダウンヒルでした。
3時間であんなに遊べるとは、リチャード&リアンに感謝です。

MTB1 
photo まるでネパールのトレッキングルートのような森の小路。
ブログ『ガイジン イン ジャパン』でも写真の紹介があります。
http://vibromama.blogspot.com/

 お昼からは茂木根海水浴場で
ロールやブレイス系の練習。水に濡れても気にならない
暖かさです。沖に出て本番ロールの練習です。
2005.4.2(土)更新
 
 

西表島遭難 捜索の協力お願い。


以下、フリーホイールの加藤さんからのメールを記します。
(受信時刻 3月30日 (水)11:40)

お世話になっております。

有限会社フリーホイール代表・加藤です。

『kayak~海を旅する本』編集、野川哲也より、
皆様にお願いがございます。
すでに野川、もしくは柴田丈広氏(アルガフォレスト)より
同様のメールが入っているかもしれませんが、
重ねてお願いいたします。

**現在の情報によりますと、
捜索活動は第11管区海上保安本部に移管され、
引き続き行われているとのことです。
それでもなお、嘆願メールをお送りいただき、
捜索継続をいっそう確実なものにする
ことができますよう、お願いいたします。

»Read More

嘆願メールの送り先:石垣島海上保安部


 再度、嘆願メールのご案内です。
東北の友人からも連絡が来ましたので、紹介します。
現在、カヤックにかかわらず、私の友人全てに連絡しています。
 ご協力ください。


以下

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
新しい情報によると、海上保安庁による捜索が打ち切られると
いいうことです。
事故の原因やその経緯はどうであれ、それを論じるのはすべて
が終わってからで良いかと思います。
今はただ少しでも望みを繋げるべく捜索の続行を、保安庁の方
々にお願いしたいところです。
くやしいけれど、僕らにはそれ以外できません。
そこで皆様にも、捜索を続けてもらうべくその旨を嘆願メール
として送っていた
だきたいと思います。

(メール文例)
嘆願メールの送り先:石垣島海上保安部
ishigaki@kaiho.mlit.go.jp

件名:嘆願書

関係御担当者様
23日より行なっていただいておりますシーカヤックの行方不
明者捜索の件、誠にご苦労様です。
私は本郷雅則の友人であります。本日29日をもって捜索を
終了とのことですが、是非とも捜索期間の延長をしていただき
たくお願いいたします。

2005年3月29日

以上

捜索続行の嘆願書を送りました。



石垣島海上保安部 様
関係ご担当者様

 この度23日よりシーカヤックで行方不明になっている3名の捜索誠にご苦労様です。
加えまして、ご事情は十分理解した上で捜索の続行を強く希望いたします。

 時間がたち捜索範囲が広がり、
相当な困難になっているのは十分理解できます。
どうかお願いします。 


 *23日から西表島の海域で行方不明になっている3名の
捜索は本日(29日)をもって打ち切りとなるようです。
 まだ発見と生存の可能性はあります。

嘆願メールの送り先:石垣島海上保安部
ishigaki@kaiho.mlit.go.jp

全国シーカヤッキング55マップ 山と渓谷社 発売


 昨日、帰宅すると「山と渓谷社」から小包が届いていた。
55

昨年の春から準備していた本がついに完成しました。
 取材に同行してくれた皆様お世話になりました。
また、現地での聞き取り調査に協力してくれた、
牛深の方々、「民宿さつき荘」の皆様ご協力ありがとうございます。

 巻末に載せられた言葉をここに記します。

 本書が、みなさんの旅の一助となり、また本書をきっかけに
シーカヤッキングを楽しむ人が一人でも多くなれば幸いです。

 みなさんの海の旅が
素敵なものになりますよう!
                 多謝。 拝

 *本の内容については少しレポートします。
まだ読んでないので。
こんな時、良いニュースもカヤック界に必要だ。




 

»Read More

天草波情報 2005/03/22



nami
KDD 午後;腿~腰サイズ。天気:曇り
オフショア:南西の風
サーファーも3名ほど波待ちしていました。
写真は午後3時半くらいです。
 庭の池で蛙が鳴き始めました。

シーアフェアーズのサイト


http://www.c-cayak.com/
 白州さんに初めてお会いしたのは、4年位まえ。
葉山の長者が崎で上陸したときに、
白昼、ドラキュラ伯爵が現れたかと思った。

 たまたま彼女と二人で、
多分、アルガフォレストをスタートさせたばかりの柴田さんから
スカヤックスとIDを借りて葉山で漕いでいたときのことだ。

 あの長者が崎の浜で名刺をもらって面食らったのを
覚えている。当時僕は大分から入社したばかりの会社の研修の為、
 月に2回は関東へ出張していた。
今考えると冷や汗物の行動の日々だった。

 「還暦カヤッカーの独り言」は僕のお気に入りだ。
なかなか言えないこと、今の海のカヤック界にあって、
正しいこと(?)をきちんと言えて、戒めることができる
人だ。ジョークも効いている。

 師匠にサン付けはどうかと思いますが、ご存じない方もいらっしゃるので。失礼しました。
 

田植えのシーズンがきた。


ナノハナ
菜の花の時期はおわり、いよいよ田植えのシーズン。

 もうひばりの声も珍しくなくなった。
南西の風が吹けばツバメたちも次々とやってくる。

静水を求めて東へ移動中~インストラクション


イドウチュウ
 photo by T.Ban
 冬型の気圧配置が産む北西の風から逃れて移動。
梅の花も終わりに近づく早春の上島を行く。

 ツアーも含めてインストラクションを行う場所は
その日の風向きや潮加減、予想される海況などにより、
変る場合があります。

 特に全く初めての講習では、できるかぎり穏やかな
エリアに移動します。スクールに何度も参加するうちに、
ひっくり返るのを防ぐテクニックや漕ぐ力も、ついて来ますので、
それにあわせて、適切なフィールドに移動する場合もあります。

 カヤックは野外で遊ぶことに慣れている人には
思いっきり充実感が得られるでしょう。

 帰り道、もう咲き始めている桜の木をみた。