天草だより(おしらせBLOG) > インフォメーション国内・海外・業界
«Prev1 2 3... 62 63 64Next»

知床エクスペディション2018


知床エクスペディション2018より抜粋 

2018年日程

1回目 5月 1日(火)~5月 9日(水) 募集中
2回目 5月19日(土)~5月27日(日) 募集中
3回目 6月 9日(土)~6月17日(日) 募集中
4回目 8月15日(水)~8月23日(木)変更8月17日~25日 募集中
5回目 9月15日(土)~9月23日(日) 募集中

上記日程は変更またはキャンセルとなることがあります。

»Read More

南伊豆沖で2人不明 シーカヤック中、戻らず


第三管区 MICS【緊急情報】未帰還情報(伊豆半島沖)
発表日時 2018年04月05日 19:30 発表部署 第三管区海上保安本部
対象海域 伊豆半島
対象期間
備考

内容 4月5日0900頃、西伊豆子浦港から石廊埼向け出港した、男性2人乗り(黄色ライフジャケット着用)のシーカヤック(船体緑色、長さ約7メートル)が、いまだ帰還していません。
付近航行船舶は注意するとともに、関連情報があれば海上保安庁まで連絡願います






4/6(金) 7:35配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS



 5日午後6時ごろ、男性から「南伊豆町でシーカヤックに出掛けた友人2人が戻ってこない」と118番があった。下田海上保安部によると、岐阜県飛騨市の50代と長野県松本市の60代の男性2人が行方不明になっているとみられ、付近の海域を捜索している。

 通報者の話では、2人は同日午前9時ごろ、同町の子浦海岸をカヌーに同乗して出発し、約10キロ先の石廊崎を折り返して戻る予定だったという。カヌーは緑色で長さ約7メートル。同日午前は14メートル前後の強い風が吹き、波も高かったという。
.
静岡新聞社

奄美大島等における油状物関連情報


奄美大島等における油状物関連情報

null

お待たせしておりました『playboating@jp』vol.59、および『kayak~海を旅する本』vol.59ですが、今月27日より発送を開始する予定となっております。


950.jpg

951.jpg

『kayak~海を旅する本』vol.59
CONTENTS

【巻頭特集】
 アーバン・パドリング 神戸
 文=田中裕子、写真=編集部

【特別寄稿】
 アジアの川を漕ぐ。ナムウー川・ナムサン川〜メコン川【前編】
 /吉岡嶺二

【特別寄稿】
 琵琶湖周航歌・歌碑を巡る一周の旅
 /大西泰弘

【リレー連載】
 海ニ還ル旅
 15)「神崎川を漕いで大阪湾へ」/河野秀和

【連載】
 コロコロ旅日記 東京湾奥/井上昌宏
 危機管理コラム」もしも、〇〇がなかったら
  4)もしも、パドルがなかったら。/本橋洋一(サニーコーストカヤックス)
カヤック乗りの海浜生物記 /藤田健一郎(シックスドーサルズ)
  41)台風21号 編
日本カイアックの研究 海洋カヌー酔夢譚/内田正洋
  50)航人のカヌーと天皇陛下

【緊急コラム】
 命からがら報告/報告=柴田丈広(アルガフォレスト)

【パドラーズ・カフェ】
 読者からのお便り
 日本百名岬/八番目・明神岬
 ココから学ぶカヤック魂!/『開墾の記』、『Agadez』
 カンヅメ・ファイト・クラブ/KFCピザ餅




『playboating@jp』vol.59
CONTENTS

【巻頭特集】
 2017カヌーフリースタイル世界選手権大会 in アルゼンチン
 /写真=IDE TATSUHIKO、出場選手レポート=高久 瞳、河津聖駒、佐藤未来、福士 昴、石橋 健

【コンペレポート】
 2017ラフティング世界選手権 in 吉野川
 /写真=西川博子、出場選手レポート=八木澤慶太(R6 Masters)、安永有里子(The River Face)

【短期集中企画】
 セルフディフェンスからはじめるリバーレスキュー #2
 スローロープを使った、助けられ方・助け方
  監修=UCDiパドリングスクール
 
【ステップアップ企画】
 冬を暖かく漕ごう! 冬用アイテムの選び方

【不定期連載】
 日本の川と路線
  10)JR嵯峨野線〜保津川/西川哲哉

【連載】
 クリーク、はじめました。/小森信太郎
  21)清津峡の悪魔〜その3〜
 モーレツ!未来研究所/倉戸ルカ
  40)未来への☆階段〜前編〜
 カヤックたましい/高橋佳宏
  38)カヤックがうまくなる虎の巻
 カズヤスタイル/松永和也
  40)トリッキーウー at エディライン
 ホワイトウォーターダイアリー/貝本宣広
  2017パドル大会祭り!。
 まんが・カヌ旅/イワセユウコ


::::::::::::::::::::

クリーネストライン:「ナノエアにまつわる話」 新谷 暁生 | 2018/01/09


クリーネストライン:「ナノエアにまつわる話」

先日、水野さんから伺った
知床ユーヤックが活躍してますね。




https://www.patagonia.jp/blog/2018/01/story-about-nano-air/?waad=CodwAn1c&utm_source=jpemail&utm_medium=jpemail&utm_campaign=jpemail&src=e01099

海の110番は海上保安庁の緊急用電話番号「118番」


null
1月18日は「118番の日」です

以下 海上保安庁WEB より引用

「118番」は海上保安庁緊急通報電話番号です。
この通報による海での事件・事故情報の入手は年々増加していますが、
より多くの人々にその重要性を理解していただき、海の安全確保に資するため、
海上保安庁では、毎年1月18日を「118番の日」と制定いたしました。

以上

自己救命策3つの基本
①ライフジャケットの着用
②携帯電話等、連絡手段の確保 防水
③海のもしもは「118」




 シーカヤックでツーリング中に海上保安部の巡視艇から、
防水バッグに入れた携帯電話など、
連絡手段の確保について確認されることがチラホラ聞こえてきています。
装備は大丈夫ですか?

屋久島宮之浦港から竹島を経由し指宿市までシーカヤックの縦断が実施される。


20180109-10201700832.gif

★30年13項 南西諸島 - 大隅海峡  海上行事

屋久島宮之浦港から竹島を経由し指宿市までシーカヤックの縦断が実施される。 
 期 間  平成30年1月2日~20日(内2日間)、日出~日没
 区 域  付図のとおり
 備 考  付近に監視船を配置
 海 図  W1222-JP1222
 出 所  鹿児島海上保安部

『岩と雪』 Best Selection


106.jpg

「垂直のクルーズ」収録されています。

»Read More

2017.12.01 Fridayニセコなだれ情報 第1号


6時山麓気温-8度降雪15cm風弱くおだやか、モイワ800m北西10m/s積雪100cmふきだまり発達、アンヌプリ1000m積雪140cm、日本海弁慶岬北西12m/s神威岬西6m/s気圧1015hPa波1.7m。



早い冬の訪れにとまどっている。今シーズン第1回目の雪崩情報を出す。各スキー場は営業を始めているが、まだスキー場からのコース外滑走は出来ない。スキー場内の雪は増え続けているが地形による起伏が多い。光線がないと見にくいので滑走注意。スキー場外は笹や灌木が隠れておらず滑走不適。

冬型の気圧配置で標高800m以上は雪庇ふきだまりがゆっくりと発達、観察から全体の雪崩リスクは低い。

ロープをくぐりコース外にでてはならない。ニセコルールの尊重を。



第21回ニセコ雪崩ミーティングが12月5日午後6時からニセコ駅前倉庫で開催される。主催はニセコアンヌプリ地区雪崩事故防止対策協議会。基調講演は防災科学研究所雪氷部門主任研究員山口悟氏。参加のきまりは特にない。



1日から3日まで日本登山医学界認定ファーストエイド講習会がニセコ町のホテル甘露の森で開催される。低体温症とその対処などについて、医学的見地からの講習が行われる予定。講師は国際山岳医で事故防止に尽力されている大城和恵氏。



事故のない良いシーズンを。
Niseko base 6am: -8℃, 15cm snowfall, light breeze. Moiwa800m: NW10m/s, 100cm snowpack, snowdrifts developing. Annupuri1000m: 140cm snowpack. Coastal info: Benkei cape NW12m/s, Kamui cape W6m/s, 1015hPa, 1.7m waves.



We’re starting the Avalanche info as the winter has come earlier than usual. The resorts are opening, however out of bounds area are still restricted for skiing. The snowpack is building steadily, however bumpy terrains are not fully buried. Be careful as they’re hard to see when the light is low. Bamboo and bushes are still thick out of bounds. Snowdrifts are building slowly above 800m as the winter weather pattern continues. Avalanche risk is relatively low today. Do not duck ropes, please respect the Niseko Rules.



The 21st Niseko Avalanche Meeting will be held at the Niseko Station Warehouse from 6pm on the 5th Dec. This event is organized by the Niseko Avalanche Accident prevention Committee. A lecture by Mr. Satoru Yamaguchi from the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience is schedule. Anybody is welcome to come participate.



A First Aid course by Japanese Society of Mountain Medicine will be held at Kanro no Mori from 1st to 3rd Dec. The latest medicinal approach to mountain related first aid will be taught by Dr Kazue Ooki.



Be safe out there and have a great season.

2018 早期受注サンディーライン他入荷中 第一弾着荷。


-1202.jpg
サンディーライン、
コンボフリースタイル4LケブラーKEY1.2 は2010スターに
10日くらいコーミングに装着したまま慣らします。

今回は低温時期、冬の入荷なので、あきらかに最初の装着が固い。
日なたで温めてからゴムをリラックスさせてからエイヤっと装着。

 10日後、ネックシールをカットして調整します。



1201.jpg
シールズも1.4サイズで新調。
3日に一回漕ぐ人たちにとって、スカートは全くの消耗品ですね。
150回は持たない。よくて120日。


プレデターFR7-WのL/XLも3月に入荷します。
ラジアルソックスの出来上がりが12月第2週後半の予定です。
«Prev1 2 3... 62 63 64Next»