天草だより(おしらせBLOG) > スクールレポート 気象/潮汐/ログ

2018/04/28(土曜日)初心者コース 23℃/14℃ 牛深砂月 法が島1周 築の島 


久しぶりに砂月浦。ホームに帰ってきました。コオロギ鳴く。

8:00 本渡 出発
8:30 河浦町 白木河内 デイリーヤマザキ
 買い物 集合出発
9:00 牛深砂月 砂月荘
出艇準備 着替え パッキング レッスン
10:00出艇

フォワードストローク
足の使い方
スターンラダー
乗り降り ケガを防ぐ




12:30 築の島 昼食 休憩
お茶の時間

15:00 午後のツーリング
15:30 砂月荘 ゴール
片付け シャワー 撤収
16:30 牛深 現地解散
17:30 本渡 

 漕行10キロ


すでに南西風で草燃やす煙が北へ勢いよく、たなびく
初夏の風が吹いている。
築の島最南端をぐるりと回り、その足で法が島へ横断

一周。紅いファンネル たぶん、にっぽん丸が入港
インド瀬の外側に停泊

夕方、テンダーが降りていた。


今日も横断中に、デッキの携帯電話が鳴るが、取れない。
ツアー中のゲストにとっては興ざめなので、
留守電にしてあるし、受け答えはなるべくしないが、緊急を除く。




お昼から南西風吹きあがり、砂月浦は波浪す。
3時すぎまで島で風待ちも落ちない。
潮目をたどり、いつものルートでゴールを目指す。



法が島一周 ハヤブサn断崖
ミサゴの抱卵多い。

クロサギも抱卵中

カラスバト鳴く。

 中潮で潮流速く、随所で弱点を突いて漕ぎあがる




所見
四季咲き岬灯台 北東4~2M/S
快晴 本渡 9℃の冷え込み 牛深13℃
高気圧1018HPA前面 
18時間推移 北西 女島8~4 弱いうねり残る

28、29、30日午前まで 海はまずまずの海況か?
次の低気圧通過後の冬型が気になる。

3日夜以降 一時的に北アルプスの主稜線、知床半島は吹雪か。
4日はサーフ?
5、6はツーリング日和??
海は現場にいかないとわかりません。



短期予報解説資料1 2018年4月28日03時40分発表
気象庁 予報部

1.実況上の着目点
① 北日本と東日本を500hPa5400m 付近と5700m 付近
のトラフが通過して、
中国東北区から東シナ海はリッジとなり、日
本付近の上空の流れは北西流場。
衛星水蒸気画像では、暗域が広がり沈降場となっている。
東シナ海に中心を持つ高気圧が勢力を強めており、
本付近は晴れの地域が多くなってきている。

2.主要じょう乱の予想根拠と
解説上の留意点
①日本付近の上空の流れは、西北西から北西の状態が29 日にかけて続き、
29 日は1 項①のリッジが日本付近に進み、午後は北日本から東日本がリッジとなる。
地上は、北緯30~35 度付近を東西に帯状に連なる高気圧に日本付近は覆われるため、
29 日にかけて晴れるところが多い見込み。

②2 項①の高気圧の北縁となる北日本では、
気圧の傾きの大きい状態が29 日にかけて続く。強風や高波に注意。

③29 日にかけて、晴れて日中の気温が上昇し、
最高気温が25℃以上の夏日となるところが西日本・東
日本を中心に多くなる見込み。
屋外での活動などでは、熱中症などの体調管理に留意。
また、29 日は北日本では850hPa の気温が平年より10℃程度高くなる。
北日本を中心とする積雪の多い地域では、融雪やなだれに注意。



西の風 晴れ
波 1メートル ただし 芦北地方 では 0.5メートル

天気概況
平成30年4月28日04時39分 熊本地方気象台発表

 熊本県では、29日まで空気の乾燥による火の取り扱いに注意してくださ
い。

 九州北部地方は、高気圧に覆われて晴れています。

 28日の熊本県は、高気圧に覆われて晴れでしょう。

 29日の熊本県は、高気圧に覆われて晴れでしょう。

 波の高さは、外海では、28日、29日ともに1メートルでしょう。内海
では、28日、29日ともに0.5メートルでしょう。

 阿蘇山(中岳)上空およそ1500メートルの風
 28日03時    北の風9メートル
 28日12時の予想 北東の風1メートル

<天気変化等の留意点>
 特になし。

長崎海上気象
27日15時観測 27日17時40分発表

海上濃霧警報  九州西方海上

九州西方海上では 所々で濃い霧のため見通しが悪く 視程は
0.3海里(0.5キロ)以下

この警報の対象期間は 28日15時までです

Add Comment