天草だより(おしらせBLOG) > スクールレポート 気象/潮汐/ログ

2018/04/19 ベーステクニックコース 富岡海水浴場~KDD ロール&カヤック接近術


null
レスキューストラップの収納


ウエットは皮膚にピッタリでないと役に立たない。
のびのびゆるゆるの夏の半日体験用/エントリーモデルはそこまでの品物。
インターミディエート以上のカヤッカーは知っています。
 


null
春の大潮満潮ベタ凪 サイドスリップの練習場所に最適。

ウォーターフィールド シメスタ500 
ショアライン フェーゴLC軽量仕様 


null
新緑も美しい。海も美しい。シーズンの始まり。

ヒヨドリの大群が次々と南へ向かう。

装備 水温は20℃前後 快晴無風

マーシャスSPロングタッパ 3ミリ 起毛コアウォーム
マーシャスSPロングタッパ 4ミリ

ロングパンツ  4ミリ ハイウエスト仕様
モンベル ロングジョン 

アクアラング エルゴブーツ
マーシャス インナーソックス 1.5ミリ

プレデター ヘルメット FR7-W 






所見 春から初夏へ。
スダジイ開花 

1018HPA大きな高気圧に包まれ
衛星画像から東シナ海に雲なし。
黄砂あり。
この高気圧は1020、1022と優勢に発達する見込み。

春の移動性高気圧でツーリング日和。
濡れる講習の始まりです。


西の風 晴れ
波 1メートル ただし 芦北地方 では 0.5メートル

短期予報解説資料1 2018年4月19日03時40分発表
気象庁 予報部

③500hPa5700~5760m 付近のトラフが九州から東シナ海を東進中。
トラフ後面の東シナ海に中心を持つ地上高気圧が東日本~南西諸島を覆っている。
18 日21 時高層観測によると、西日本から南西諸島では
850~900hPa 付近に沈降性逆転層が明瞭で下層が乾燥しているため、
トラフの影響は少なく対流雲の発達はみられない。
亜熱帯ジェット気流に対応する上層雲が南西諸島から日本の南に広
がっている。


② 20 日は、500hPa5760m 付近のリッジが日本付近に進み、
地上から500hPa までの背の高い高気圧が日本付近を覆う見込み。
19 日から20 日にかけては、850hPa 気温が平年より5~9℃高くなる所が多くなる。
このため、北海道では融雪・洪水・なだれに注意。
特に20 日は東日本~沖縄では夏日となる所も多くなる見込み。


天気概況
平成30年4月19日04時43分 熊本地方気象台発表

 熊本、球磨地方では、19日朝まで濃霧による視程障害に注意してくださ
い。

 九州北部地方は、高気圧に覆われて晴れています。

 19日の熊本県は、高気圧に覆われて晴れでしょう。

 20日の熊本県は、高気圧に覆われて晴れでしょう。

 波の高さは、外海では、19日と20日ともに1メートルでしょう。内海
では、19日と20日ともに0.5メートルでしょう。

 阿蘇山(中岳)上空およそ1500メートルの風
 19日03時    南西の風7メートル
 19日12時の予想 西の風2メートル

<天気変化等の留意点>
 特にありません。

長崎海上気象
18日21時観測 18日23時25分発表

海上濃霧警報  九州西方海上

済州島西海上では 所々で濃い霧のため見通しが次第に悪くなり
19日09時までに 視程は 0.3海里(0.5キロ)以下になる見込み

長崎西海上では 所々で濃い霧のため見通しが悪く 視程は
0.3海里(0.5キロ)以下

女島南西海上では 所々で濃い霧のため見通しが悪く 視程は
0.3海里(0.5キロ)以下 19日15時までに
次第に良くなる見込み

この警報の対象期間は 19日21時までです

Add Comment