天草だより(おしらせBLOG) > インフォメーション国内・海外・業界

『岩と雪』 Best Selection


106.jpg

「垂直のクルーズ」収録されています。


内容紹介

歴史的、保存的価値のある『岩と雪』のバックナンバーを1冊に凝縮!

『岩と雪』(1958~1995)に掲載された論文と記録の数々を、時代を追って紹介。
登山の価値感が多様化する現在、アルピニズムの思想がどのように変遷して今日に至ったのか、当時の登山家たちの熱い思いが結実した記事を再録、
元編集長の池田常道氏が時代背景の解説を加えて紹介する。

マナスル初登頂(1956年)をきっかけに沸き起こった登山ブームを支えていたのは「より高く、より困難」を目指すアルピニズムの思潮であった。
その思潮と記録を追い続けてきたのが1958年に創刊された『岩と雪』である。

1995年の休刊に至るまで、国内外の最先端の記録を追い、識者たちの評論を発表し続けてきた同誌の記事を厳選、
時代背景の解説を加えながら再録して紹介する。

パイオニアワークとはなにか(本多勝一)
スーパーアルピニズム試論(吉田二郎)
日本のアルピニズムの行方(上田哲農)
山---陶酔と失墜(遠藤甲太)
アルピニズムは帰ってきた(柏瀬祐之)
高さと困難が登山の目的なのか(岩崎元郎)
日本の岩登りは限界を迎えたか(斎藤一男)
国内登攀における今後の課題(古川純一)
登山と「神話」(高田直樹)

以上の論考のほか、ヨセミテのフリークライミングを初めて紹介した戸田直樹のルポ、
山野井泰史のバフィン島トール西壁単独登攀「極限のソロ」、
保科雅則のエル・キャピタン「垂直のクルーズ」等、日本登攀史に輝く記録も再録。 ※ハードカバーです。

内容(「BOOK」データベースより)

ヒマラヤ初登頂時代の1958年に創刊。以降、国内外の最先端の登攀記録と評論を掲載し続けてきた『岩と雪』169冊のなかから、選び抜かれた41編の記事を再録、時代背景などの解説を加えながら紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池田/常道
1972年から『岩と雪』の編集に携わり、77年から95年の休刊まで編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Add Comment