天草だより(おしらせBLOG) >

2019/11/07 木曜日 リール返却 ウォーターフィールドカヤック アマガエル鳴く熊本工場にて


プロトタイプ リール返却とシメスタ5分割
null
シメスタ5分割 フルカーボン/チタン ミズノスペシャル

グーグルでの検索キーワードは以下

 kayak sport skeg kit

以上

スケッグが詰まると言うが、
そもそも自艇でスケッグを詰まらせるカヤッカーはいない。
よほどに安全への意識が低い初心者か?
レッスンやツアーで全く初めての初心者に
レンタルで用意するから起きる問題。


スケッグ装着の
メリットとデメリットをはかる。

①砂浜や砂利浜でスケッグボックスがジャムるのが嫌。
でもすぐに復旧できるなら。
②重量 :カタログスペック通りならば、全パーツで618グラム 
ノースショアデザイン(UK)、バリー(UK)などのグラス積層スケッグボックスに比べて軽量であること

③スケッグ装着によるサーフィン時の速力安定と連続のサーフの容易さ。
④船足 最大速度に達した後の巡行スピードの維持。
⑤サイド、斜め後ろ追い波での進路の維持

⑥シビアな海況で利き腕/多くは右手をパドルから離してレバーを細かく調整するリスクがあります。

⑦波高が高くなりホレた波になると、スターンエンドのキールライン部分が空中にある時間が長くなる。
その際、波間に丸見えの三角形のスケッグ板を真後ろから見る。
ただし、ラダーも同じ。
 短時間で一気に漕ぎ抜ける悪いエリアならよいが、
砂漠のような海が延々と続く場合は漕力で漕ぎ抜けるしかない。
台風一過の豊後水道を北東風ダウンウインドでひたすら進む時を思い出します。
この時もスケッグあるけど使ったことがない。結局意味が分からん。とおっしゃる方もいるので、技量とパワーの個人差が大きい。
スケッグが必要な対象者、目的がある?



*リトラクタブル収納式スケッグの歴史は長いが、素材以外、あまり進化していない。
 実は補助板をキールラインに装着する構造はカヤックが発明されて以来のもので
数千年の歴史があるといっていいのかも。







https://kajaksport.fi/products/skeg/

null


https://longcloudkayaks.co.nz/Kajak-Sport-Skeg--nz


スケッグ施工時の取扱説明書
https://kajaksportfi.r.worldssl.net/wp-content/uploads/2018/11/KS-Skeg-Pro-Instruction.pdf

スケッグボックスは3種類ある
Skeg system 4 has (3) different skeg boxes flange variations:

(1) Without flange 521110

(2) Flat flange 521120

(3) Screw flange 521130



Skeg box variations: (Left) Without flange 521110 (Centre) Flat flange 521120 (Right) Screw flange 521130


http://kayakshopaustralia.com.au/kajak-sport-skeg-system-4/

https://kajaksportfi.r.worldssl.net/wp-content/uploads/2018/11/KS-Skeg-Pro-Instruction.pdf

Kajak Sport Skeg

Retractable Plastic Skeg System Pro can be added to a kayak that you are building or to retrofitted to any composite or PE kayak.

Includes: Skeg box, skeg blade, AISI 316 wire (3mm), PA tube 6/4 mm, skeg control unit - Everything you need!




https://longcloudkayaks.co.nz/Kajak-Sport-Skeg--nz
Skeg box with flange

XKS-product code: 520100

Weight: 618 g



5分割艇で使用する20本のステンレスネジ+超ネジ・他で1000グラム
チタンネジ 300-400 グラム軽量化できる。
シメスタ5分割艇 23キロ
フルカーボン


nullリール17.8キロ
前・後ハッチカバー・もろもろの
デッキデザインはオーシャン・タイガーと共通。
 製品版ではサイブレス周りが1~1.5センチ程度低く抑えられル見込み。
エッジング時のホールド性が良くなる。
 これは足回りの体格、体型の差によります。
あまりタイトにすると快適でなくなるけれど、少しであれば
自分はそうして欲しいと思いました。
あるいは、自分用にサイブレスにサイパッド追加貼り付けで
形と厚さを調整するか。



スケッグアッセンブリー一式の重さは
カヤックスポーツの場合はどうでしょう?

スケッグブレード本体
ワイヤー3.5メートルくらい
スケッグ収納ボックス
レバー部分のボックス
ネジ類、スターン側連結部分のパッキンセット
デッキ内ワイヤー用アウターチューブ
null
左側のフェザークラフトの箱と比べてみては。

このパッケージならば、地球上の海なら
運べないところはないんでは。

null
2パッケージの5分割シメスタ 近日出荷のため、梱包済み。
4番スターンセクションはハードケースになる。
1、2はバウの前側に、3番のシート部分に5番を配置、さらにシート他、パド
ルも収納可能
パドル用装備はらくらく4番スターンセクションに収納。

今回のカヤック誌66号でも紹介された
マーシャス4Pパドルはどうだ?

屋久島 KAZEの今野さんへシメスタ 五分割艇1艇貸し出し中。


舟をつくる from sokubee on Vimeo.

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。