天草だより(おしらせBLOG) > カヤック メンテナンス&修理

RIOT アストロ54 シートバックバンド交換作業その2


70.jpg
010.jpg
凸部分を面合わせのため、カッターで少し削る
011.jpg
左・右のクラムクリート設置 既存のネジ幅が合いました。

 実はこの場所の強度は弱いです。
可動式のひざ当てが設置されているオルビッツ47、インフェルノなど、
一番酷使する場所なので、ここからヒビ割れることも。

この時代のライオットのコーミングは柔らかく、穴あけは簡単ですが、
締めすぎに注意が必要。
コード末端結び コードの通る穴をクリート少し後方にあけます。

012.jpg
スターン側の穴あけ作業
2,5ミリのドリルで穴をあけた後、内外からこじ開けていきます。
最後にバリを削りとり、コード類が触れる尖った面も慣らします。

バックバンドをショックコードで固定するための穴
2穴のみ増設。
013.jpg
最初、ショックコードのテンションは適当に。
実際に漕いでみてから調整します。
014.jpg
上から見たところ。ショックコードは最初緩めに設定
015.jpg
仮の設定。少し使ってみてから、必要に応じて作業します。


ジャクソンカヤック バックバンドキット・ラージに交換作業

【Jackson Kayak】
Back Band Kit Large
品番: JK-408N
\9,720(本体価格\9,000)


Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。